ワクワクメールで初めて会った女性とその日に最後まで

職場での恋愛は別れたときのごたごたが面倒だったり、社内の人からいろいろと噂にされるのも嫌だったりしたので、真面目な出会いを求めてワクワクメールを始めてみました。

 

自分は海外旅行と写真が趣味なのと、イタリアンが好きだったのでこの辺をネタにしながら趣味の合いそうな年齢の近い子に手当たり次第にメッセージを送っていきました。

 

ちょっと抵抗はありましたが、自分の写真も載せておきました。

やっぱり写真があるのとないのとでは女性からの反応が全然違います。プロフィールの文面も気さくな雰囲気を出すように気を配りました。

 

女性からの返事をもらえるとまずは第一関門突破です。

 

メールのやりとりでは返事をもらいやすいように女性への質問を1つ入れるようにしてお互いのことを分かるようなメールを心がけました。

 

1週間程そんなやりとりをすれば女性も会うことに抵抗もなくなりますし、お互いがどんな人なのだろうと気になってくる頃合いでもあります。

 

そのタイミングを見計らって食事に誘っていました。

 

この時の自分の作戦は、近所の三条でおいしいイタリアンのお店をダシに誘うことです。

女性はイタリアンが好きですから評判のお店とくれば反応もよかったです。

 

お店の近くの本屋で待ち合わせをして、事前に服装等も伝えて分かりやすいようにしておきました。

 

出会った際は簡単な挨拶とさりげなく見た目を褒めることで相手の機嫌が良くなるように気を使っていました。

 

食事の場での会話は想像していた人物像の話や印象の話、これまでいった海外旅行の話などをしていました。

 

海外旅行の話をしたのはこれも作戦の一つなのですが、旅行の話をしながら写真を小出しにして見せると女性もテンションが上がり、他にもたくさん写真があるのでそれを見てもらうために自宅へ誘う作戦です。

 

こうして食後に自宅と移動し、紅茶を飲みながら写真を見るのですが、既に距離が近ければ隣に座って一緒にタブレットで見ます。

 

まだ距離がある場合は対面に座ってタブレットを見てもらうのですが、大概は写真の解説が必要になるので画面を一緒に見ながら説明をした方がいい流れになっていきます。

 

そうこうしている内にお互い密着する様になっていくので、そうなると一緒に写真を撮りたいと伝え、肩を抱いてお互いの顔がくっつくくらいの自撮り出来れば占めたものです。

くっついて写真を撮った流れでそっと抱きしめ、女性の抵抗が無ければそのまま最後まで・・といった流れです。

 

初めて会った女性とその日に最後まで出来ちゃったのでおいしい体験だったかなと思っています。

 

真面目な出会いを求めて始めていたのですが、1回目で上手くいっちゃったので同じ作戦で何度かここのサイトでおいしいおもいが出来ています。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓